Bluetoothの設定方法(3) PINを使って登録する

1「PINを入力してください。」と表示された場合、入力ボックス部分をマウスでクリックすると入力可能になります。お客様が選んだ4桁~8桁の数字を入力し「接続」のボタンを押してください。この操作で、PC側の用意が整いました。

※別のUSBキーボード又はスクリーンキーボードを使用し入力してください。このページの後半に設定を行う際の注意点を記載しましたのでご参照ください。

2先程入力した数字をBluetoothキーボードで入力し、ENTERキーを押してください。入力に間違いがなければ登録が完了し、操作可能になります。

※この入力はBluetoothキーボードの内部処理となるため、最後にENTERキーを押すまでPCの画面は更新されません。PC側の画面は気にせず、正確に入力を行ってください。

設定完了

PINを使ったBluetoothペアリング時の注意点

Windows10でBluetoothキーボードの登録を行う際に「PINを入力してください。」と画面が表示されることがあります。
PINとはお客様が任意に選ぶ4桁~8桁の暗証番号のことです。
操作としては、PC側にお客様が任意で選んだ4桁~8桁の数字を入力して接続のボタンを押した後、同じ暗証番号をBluetoothキーボードで入力し、ENTERキーを押すことでBluetooth登録が完了し使用可能となります。

注意点(1) 登録しようとするキーボード以外のキーボードが必要です

「PINを入力してください。」と表示された画面でPINを入力しなければならないのですが、登録しようとするBluetoothキーボードは登録が終わっていないため入力することができません。あらかじめ別のキーボードを用意して入力する必要があります。ノートPCであればノートPCのキーボードで、デスクトップPCの場合は別のUSBキーボードかWindowsのスクリーンキーボードを使用して入力をしてください。

スクリーンキーボードの表示方法
  1. [スタート]をクリックします。
  2. アプリの一覧から[Windows簡単操作]>[スクリーンキーボード]の順にクリックします。
  3. スクリーンキーボードが表示されます。

注意点(2) 1分以内に登録を終わらせる必要があります

「PINを入力してください。」と画面に表示されてから、1分以上経過してしまうとタイムアウトでやり直しとなります。まずはPINの数字を決めておきましょう。
PC側でPINを入力した後、Bluetoothキーボードでも同じ数字を入力し、あとはENTERキーを押すだけで設定が完了します。

その他の注意点

  • Windows10は自動的にアップデートが行われることがあるため、アップデートによる更新が正常に反映されていないと、Bluetooth接続含め正常に設定ができない場合があります。
    登録を行っても繰り返し失敗する場合は、PCの再起動を行ったあと再度ペアリングの設定を行ってください。

  • 稀にアップデートでドライバー等の更新に失敗し内部のファイルに破損が発生している場合があります。
    アップデートの失敗が考えられる場合は、システムの復元を使用し、復元ポイントを作成したあと正常に動作が確認されていた日付前の設定に戻すことをお勧めします。

  • Bluetoothの接続は必ず1対1で行われます。そのため以前登録したことのあるデバイスの場合、登録データが残っていると二重登録のためエラーになります。登録できない場合はPC側、キーボード側双方の登録データを削除してから再度登録を行ってください。

■ お問い合わせフォーム

以下のフォームに入力して直接弊社にお問い合わせができます。
*印の項目は必須です。




-
※製造番号の記載が無い製品の場合は 00000000と記入してください。
例)DOS/V(メーカー/機種/型番/自作)、Windows◯◯、Macintosh、Mac OS◯◯、など詳細をご記入下さい


※未購入の方は 0000年00月00日と記入してください。
※弊社オンラインショップでご購入の場合、ご入力ください。

※ご記入いただいた内容は、ダイヤテックサポート部(support@diatec.co.jp)へメール送信されます。受付後順次ご返信いたします。
※ご記入された情報に間違いがありますとご返信できませんので送信前に内容をもう一度ご確認ください。

重要:弊社からのメールが届かないケースがあります

ご注文やお問い合せに対する弊社からの返信メールについて、フリーメール宛の場合、アドレスは正しいにもかかわらずエラーで返ってきてしまうことがあります。
これまでに@gmail.com/@hotmail.com/@yahoo.com宛(※co.jpではありません)にメールが返信できないケースがありました。
お手数をお掛けして大変申し訳ございませんが、可能であればプロバイダー提供のメールアドレスなどをご使用ください。

ダイヤテック株式会社 DIATEC CORPORATION

PAGE TOP