CHERRY MXスイッチ専用 キーロック

CHERRY MXスイッチ専用 キーロック
イメージ1
イメージ2
イメージ3


しっかり固定して誤操作防止!

CHERRY MXスイッチを使ったメカニカルキーボードの不要なキーをロックするためのパーツです。
ロックしたいキーの奥から手前に向かって、カチッと音がするまでキーキャップの下に滑り込ませます。
10個入り。



■一般的なキーに使用する場合

1.ロックさせたいキーの奥側のキーを外します。
写真の場合、「Z」をロックするために奥側の「A」と「S」を外しています。
FILCO Key Pullerなどのキー引抜工具を使用してください。

手順1

2.スイッチとキーキャップの間の隙間に、キーの奥から手前に向かって本製品を滑りこませます。
平らな面を上、凹んでいる面を下にして滑りこませてください。

手順2

3.差し込んでカチッと音がすれば完了です。

手順3


■一番奥列(半角/全角キーや数字キーなどの列)のキーに使用する場合

1.ロックさせたいキーの手前側のキーを外します。
写真の場合、「E/J(半角/全角)」をロックするために手前側の「Tab」を外しています。
FILCO Key Pullerなどのキー引抜工具を使用してください。

※撮影のためケースから外しています。

手順1

2.スイッチとキーキャップの間の隙間に、キーの手前から奥に向かって本製品を滑りこませます。
平らな面を下、凹んでいる面を上にして滑りこませてください。

手順2

3.差し込んでカチッと音がすれば完了です。

手順3


■スタビライザーが使用されているキーを外す方法

1.弊社製Majestouchシリーズなどでは、「Shiftキー」や「スペースキー」、「Enterキー」などの大型キーにスタビライザー(針金状の部品)を採用しています。これらのキーはパーツや針金などを破損しないよう、慎重に外す必要があります。
キーキャップをキースイッチからゆっくりと外します。

※撮影のためケースから外しています。

手順1

キーキャップの裏側に白いパーツがあり、穴に針金が差し込まれています。

手順2

3.針金を精密ドライバーなどで押さえながらキーキャップを横にずらして白いパーツから針金を抜きます。
無理な力をかけるとパーツや針金が破損する恐れがありますのでご注意ください。

手順3

4.もう一方の白いパーツからも針金を抜けば完了です。
キーキャップをはめる時は上記の手順を逆に行います。

手順4

万が一キーキャップやパーツ、針金、キースイッチなどが破損した場合は
実費での有償修理となりますのであらかじめご承知おきください。



■ 注意事項

  • 「Enterキー」などの大型キーには使えません。
  • 「Escキー」や「F1」~「F12」の列には使えません。
  • キーキャップを外す際は専用のキー引抜工具をご利用ください。
  • Majestouchシリーズなど弊社製メカニカルキーボードではEnterキーやスペースキーなどの大型キーにスタビライザー(針金状の部品)を使用しています。
    キーキャップを外す・取り付ける際はスタビライザーの治具を破損しないようにご注意ください。
  • 乳幼児や子どもが誤って本製品を飲み込まないようにご注意ください。また、外装袋は乳幼児の手の届かない場所で保管または処分してください。


■ 対応機種

CHERRY MXスイッチをつかったメカニカルキーボード全般
但し、大型キーやその他特殊なキーキャップの場合は使えません。



○製品の仕様・デザイン等は改良のため予告なく変更される場合がありますのであらかじめご了承下さい○

この商品はダイヤテックオンラインショップで販売しております

ダイヤテック株式会社 DIATEC CORPORATION

PAGE TOP